2011年3月アーカイブ

金沢 田上地区にて地質調査研修

JOTOグリーン (2011年3月22日 17:11)

(社)石川県建築士事務所協会主催にて 金沢市田上小学校横の敷地にて3種類の地質調査の実演・体験をできる場を
設けていただきました。


まずは、住宅地盤調査によく用いられているスウェーデンサウンディング試験。(写真中央)
費用も試験箇所5箇所で6万から8万円程度と比較的安価で当社もよくさせていただいております。
23.3.18.jpg

今回は手動であり、回すハンドルからの手ごたえやシャリシャリという音の変化で地層の種類が変わったことを感じ取った
場面もありました。実際の調査は、自動機械式のものを使用しています。


次に、標準貫入試験。(写真右)
2箇所程度で20万円から30万円と比較的費用も高い反面、ボーリング(実際の土を採取できる)で調査精度もかなり
高いものです。


そして最後に表面波探査試験。(写真には写っていません)
別名レイリー波を使用するのでレイリー波試験。機械で振動を地盤に伝え、そのレイリー波速度を用い地盤構造を
推定するものです。5箇所あたり8万円から10万円と安価ですが土の性質の判別がし難いそうです。
工事の範囲が広い土木工事の調査にも使われるそうです。


3種類の地盤調査方法でも実際の建物の重量に耐える地盤がどこにあるのか、どのくらいの耐力があるのかは
今回の3つの地盤試験では違いが現われました。


住宅のような小規模な建物か、店舗ビルのような中期規模な建物かなどどのような建物を建てるのか、
また、この周辺の土の性質はどのようなものなのか などを把握してあった調査方法を採用することを更に実感しました。


3月の肌寒い中、今回は建築の設計事務所の方を中心に市役所の建築審査の担当の方や私たち施工会社の建築士も
参加して約半日研修いただきました。
この場を提供していただいた協会と説明いただいた三谷セキサン、ナチュラルコンサルタントさん
に感謝いたします。

前田利家ゆかりの地 山の寺散策 石川県七尾市

JOTOグリーン (2011年3月 7日 17:55)

3月最初の土曜日から日曜日にかけて 金沢市の田上第五土地区画整理組合の研修旅行にて
金沢市から2時間 七尾市にある前田利家の父・母の菩提寺を中心とした 山の寺寺院郡を散策。


七尾市といえば、青柏祭の曳山行事や のれんのまち一本杉通りや 和倉温泉、能登島が有名で多くの観光客が訪れますが、
まちのほんの近くに戦国時代から江戸時代を物語る寺院郡があり驚きとロマンを感じています。
23.3.5.1.JPG
散策道


前田利家公が能登で父・母のために唯一建造した「長齢寺」、安土桃山時代から江戸時代にかけて活躍した画家長谷川等伯の
旦那寺(檀家のお寺)など16のお寺をめぐる寺院郡の散策でした。(時間の関係で4箇所めぐり)


中でも珍しく思われたのは、山門と釣鐘堂が一緒になった二層造りが美しい「徳翁寺(とくおうじ)」で
全国的にも珍しい山門でした。
23.3.5.2.JPG
田上第五土地区画整理組合 組合員の皆さんとボランティアガイド「はろうななお」皆さん


案内いただいた七尾市のボランティアガイド「はろうななお」(写真ブルーのジャケットの方々)に感謝して
そして研修旅行の参加者の無事をお祈りし、22年ぶりにお寺の釣鐘を突かしていただきました。
「ボーン」と七尾湾まで響いたかかな。

城東建設 専務取締役
JOTOグリーンレンジャー
血液型:B型
私の夢の家:ひなたぼっこができる家
趣味:ロードバイク(自転車)・スイミング

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31