コンセプト住宅「中庭を眺める家」〜シンプル和風〜

ちょうどいい家 コンセプト住宅「中庭を眺める家」、開放感とプライバシーを兼ね備えたご邸宅です。
*和室の写真はコンセプト住宅のイメージです。

設計コンセプト[開放感とプライバシー]

「中庭を眺める家」はシンプル和風のモダンな印象の住宅です。コンセプトとして「中庭」を中心に住まいの快適性を求めました。中庭は「明るさ」「風通し」「憩い」の場所であり、住宅の一番重要な場所であると考え、その場所を中心に暮らしが展開するイメージを大切につくりました。

家の正面にはあえて大きな開口部は設けず、中庭から光をとりいれることで外部からの視線を気にせず、家族のプライバシーを守りながら生活できます。

【外観デザイン】
住宅の重心は低く抑え、屋根は大屋根のシンプルなデザインに。
外壁は土壁であたたかみある上品な印象に仕上げました。

【明るく広い玄関】
玄関には格子や板張りを取り入れ、モダンな現代のライフスタイルにあう和の装いに。
玄関からも中庭を見ることができ、玄関先でも十分楽しめる仕様にしました。

【和室は癒しの空間】
最近は和室のない家が多い傾向にありますが、日本人が一番落ち着くのはやはり、畳と障子のある和室であると考えます。
畳の香りや障子をとおしたやわらかな光など、和室は癒しの空間であり、日本の住宅にとってはずすことができない大切な空間です。

【2Fはこどもの遊び場】
2Fは屋根勾配を利用した勾配天井で、登り梁がアクセントになっています。
ロフトはお子さまにとって楽しい秘密基地に、フリースペースは遊び場やご主人のスペースにするなど、その活用方法は住まう方の自由に楽しめます。

【内部のデザイン】
無垢フローリング、珪藻土、板張りなど自然素材を多く使用し、ナチュラルに仕上げました。