小立野プロジェクトモデルプラン

「ちょうどいい家」小立野プロジェクトのモデルプランです。

家庭菜園のできる家

  
敷地の一番左端ではじめの「ちょうどいい家」が完成いたしました。
家づくりのテーマは「家庭菜園のできる住まい」です。
緑や自然が大好きな、夫婦の価値観がそのまま住まいに表現されています。

地域産材・自然素材をふんだんに使い、敷地には観賞用の植物の他、
家庭菜園を楽しむことができる庭があります。

吹き抜けのある家

住まいの両側が隣地の建物と近接する場合の多い金沢の町屋には、中庭や吹抜けを持つ住まいも多く見られました。リビングの吹抜けは、心地よい光と風を住まいへ導き、いつでも家族の気配が感じられる暮らしを可能とします。

小さな家

住まいが小さなことは、マイナスのイメージだけでなく。建設コストを具体的に小さくすることが出来、住まいの維持にかかるコストも小さく抑えることが可能です。そればかりか、隅々まで機能的にデザインされた住まいは、快適な生活と
自然な家族の一体感を作り出します。